FC2ブログ

台所でのガス代節約術

ここでは、「台所でのガス代節約術」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガス代を節約するために、毎日の台所仕事で心掛けたいことをご紹介します。 ・洗い物のお湯は適温で 洗い物をするときのお湯は40度もあれば、油汚れでも十分きれいに落とせます。 4人分の食器を手洗いした場合、10度お湯の温度を低くすると8.9円の節約になります。 汚れにあわせて、こまめにお湯の温度を調節するよう心掛けましょう。 ・落とし蓋を活用しましょう。 煮物料理を作るときは落とし蓋を使いましょう。 味がしみこみやすくなり、料理も美味しくできる上、ガス代の節約にもなります。 落とし蓋をした時としなかった時とでは約6円分もガス代が違ってきます。 木製のちゃんとした落とし蓋でなくても、アルミホイルを使って充分代用できます。 これも暮らしのちえですね。 ・同時に調理してしまいしょう 茹でたり焼いたりの調理の時は、別々の食材でも可能な限り同時に調理してしまいしょう。 例えば、パスタを茹でる時には同じ鍋でジャガイモなども茹でてポテトサラダに使い、肉や魚をグリルで焼く時は、付け合せの野菜も並べて同時に焼くなどです 茹で時間が異なる食材は、小さなざるを使って途中で取り出すなどすれば大丈夫です。 同時調理をした時としなかった時とでは、ガスの使用量は半分ほど違ってくるといわれています。 ガス代はもちろん、時間の節約にもなります。 ヤカンでお湯を沸かすときや、野菜の煮炊き、パスタを茹でる時などはフタを忘れずに閉めましょう。 また、おでんやシチューなどの煮込み料理は保温性の高い土鍋を利用することでガス代の節約になります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。