おばあちゃんの知恵~洗濯編

ここでは、「おばあちゃんの知恵~洗濯編」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
洗濯をするときに覚えておくと便利な、簡単な暮らしのちえをご紹介します。 昔から知られている「おばあちゃんの知恵」と同じで、家庭にあるものですぐに出来るものばかりですので、是非お試し下さい。 ・くつ下の汚れを落す くつ下の汚れ、特に子供のくつ下の泥汚れや、部活をした後の汚れは、洗濯機で洗うだけではなかなか落ちませんよね。 ひどい汚れの場合は、洗濯機に入れる前に揉み洗いするか、洗剤をつけた歯ブラシなどでこすって、汚れをとってから洗いますが、それほどでもない汚れの場合は、くつ下の中にビー球を5・6個入れ、洗濯ネットに入れてから一緒に洗ってみてください。 くつ下のなかでビー球が回転し、揉み洗いと同じような働きをしてくれ、きれいになります。 すすぐ時もそのままでも構いませんが、洗濯が終ったら一度ビー玉を取り出してからすすいだ方がいいでしょう。 ・ジーンズの色落ちを防止する 塩水に30分ほどつけてから洗濯をしてみてください。 ジーンズだけでなく、赤や黒などの色の濃い衣類にも効果があります。 また、色落ちを防ぐだけでなく、一緒に洗うものへ色が移るのも防げます。 ・黄ばみ落としには重曹を ワイシャツなどの白いものの黄ばみ落としには重曹が便利です。 洗濯機に重曹を、水量50リットルにつき1/2カップほど入れて洗ってみてください。 その場合、洗剤は決められた量の50~70%にしましょう。 大切なのは、重曹を入れる順番です。 重曹は必ず洗剤を入れる前に入れてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。