おばあちゃんの知恵~家庭の医学

ここでは、「おばあちゃんの知恵~家庭の医学」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「医者に行くほどでもないけど、この不快な状態を何とかしたい!」という時のための暮らしのちえをご紹介します。 『おばあちゃんの知恵』として昔から知られているものですね。 ●鼻づまり ねぎ科の薬効成分は古くから、鼻の通りをよくしたい時に利用されています。 ・玉ねぎ 玉ねぎの芯の部分を鼻に近づけて何度も吸い込んでみてください。 一時的ですが鼻づまりが解消されます。 ・長ねき 根元の白い部分を縦に割り、内側にある透明なヌルヌルしたものを少しとって、鼻の上につけてみてください。 しばらくすると鼻の通りがよくなってきます。 ねぎを切った先端をそのまま鼻に当てて息を吸ってもいいでしょう ●のどの痛み のどの痛みにもねぎが効きます。 長ネギの白い部分を5センチほど切り、軽く焦げ目がつくくらい火であぶります。 フライパンで炒めてもいいでしょう。 そのネギをガーゼなど柔らかい布に包んで喉に当ててみてください。 これでのどの痛みがある程度とれ、ずいぶんと楽になると思います。 ●咳止め 大根を1cm角に切って密閉容器に入れ、上からハチミツを大根が隠れるくらい入れます。 水分が出て大根が浮くようになったら、ハチミツを湯でわって飲みます。 そのままなめても構いません。 ●しゃっくりを止める しゃっくりは横隔膜の痙攣によって起こります。 しゃっくりがなかなか止まらないとき、食塩を少しなめてみてください。 スプーン1杯程度の砂糖をぐっと一息に飲むことも効果があります。 横隔膜が塩や砂糖で刺激され、痙攣が止まるためです。 寝ているときのしゃっくりは、枕を背中に入れて大きく深呼吸してみてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。