FC2ブログ

酢卵の作り方

ここでは、「酢卵の作り方」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酢卵をご存知ですか? 昔から「おばあちゃんの知恵」として、疲労回復や糖尿病、肝臓や腎臓の疾患の時に使われている暮らしのちえです。 酢卵は卵を酢に漬け込んで作ります。 作り方をご紹介しましょう。 特別な器具や材料は必要ありません。 1.卵を水でよく洗い、殻ごとコップに入れ、食用酢を7分目まで注ぎ、冷蔵庫へ入れます。 2.3~4日ほど経つと、卵の殻が酢に溶けて皮膜が出来、ブヨブヨとした感じになってきます。 3.一度卵を取り出し、水洗いで殻の残りをきれいに流し、キッチンペーパーなどで水気を拭取ります。 4.コップに卵を戻し、箸で皮膜を突き破るようにし、皮膜だけ取り除きます。 卵黄と卵白は中に残します。 5.コップの中身をよく混ぜて、卵黄と卵白を溶かします。 あまり激しくかき混ぜると、泡が溢れ出る場合もありますので注意してください。 泡はしばらくそっとしておくと自然に消えます。 6.ざるなどで残っている卵の殻などをこしたら出来上がりです。 卵を5個・10個とたくさん使い、まとめて作っても構いません。 ただ、それほど保存は利きませんので、冷蔵庫で保管して一週間くらいで飲み切れる量にしてください。 酢卵は1日3回、1回に飲む量は盃一杯程度です。 水や白湯で2~3倍に薄めて飲みます。 くれごれも飲みすぎには気をつけてください。 かえって逆効果になる場合もあります。 そのままでは飲めない場合は、ドレッシングに入れるなど料理の材料として加えたり、手製の野菜ジュースに入れたりして飲んでみてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。